フォレストに入社した理由を聞いてみました

カイハラ

元々本が好きで、書籍や活字に関わる仕事をしたいと思っていたところ、DTPオペレーターという職業を知り、またこの会社のことを知りました。 「本を一から作れる」という仕事に魅力を感じ、自分も誰かに手にとってもらえるような本を作りたいと思い、入社しました。 また経験や知識がなくてもしっかりサポートしてくれる、というのも心強く、大きな理由の一つです。 現在の仕事 制作部での本の組版 成功・失敗談 失敗談は、まだ基本的な組版のルールを理解できていないまま作業を進めてしまい、結果ほぼその仕事の作業がやり直しになってしまったことがありました。 成功談は、一度教わったことはしっかり覚え、注意されたことを繰り返さないように心がけていると、同じ仕事や類似している仕事を任されたときに格段に作業ペースが速くなっていたり、校正が少なくなっているのを実感したときです。大きな成功ではないですが、小さな成功の積み重ねにより、自分の成長を感じられて嬉しいです。 わが社の雰囲気 困ったことやわからないことはどなたでもすぐに対応してくれ、また丁寧に教えてくださるので本当に助かります。一人ひとり自分の仕事に責任を持っているので、共同で作業をする際相談や疑問を報告しやすいです。 入社して一番感動したこと 仕事を進めていると、常に新しい発見があることです。 難しい作業をいかに効率よくやるか考えられていたり、一見単純な作りに見えても細かな調整が必要だったりと、仕事の種類問わずその考え方や作りを理解し、更に実践できたときは本当に感動します。 後輩へ一言 私自身まだまだ毎日勉強の日々で、分からないことの方が圧倒的に多く、躓くことも多々あります。それでも、新しいことを教わりきちんと仕事をこなせたときは嬉しく、大きな自信になります。知識や経験がなくても、日々の積み重ねでいくらでも成長できると思います(私自身そう思っています!)。何よりも「本が好き、活字が好き」という気持ちが大きな原動力になってくれると思います。


ミヤザキ

本が好きだったということが理由の一つです。 また,元々専門学校ではDTPについて学んでいたこともあり,本の制作に関わった仕事に就きたいと考えていました。そんな時にこの会社を知り,新人教育にも力をいれていることもあり,フォレストを選びました。 ・現在の私の仕事 制作1課で組版の仕事をしています。原稿の訂正や,組版も行っています。 ・成功,失敗例 日々覚えることがあり,勉強の毎日です。前回教わったことを忘れてしまい,同じミスをしてしまったことがありました。教わったことはしっかりノートに書き残しておき,ミスを繰り返さないことで,会社内での信頼関係が築けていくと思います。 原稿の訂正の仕事をした際,校正者の方から文字入力の間違いを指摘されなかったったときは嬉しかったです。真剣に取り組めば,必ず結果はついてくるという自信にもなりました。 ・わが社の雰囲気 社内の雰囲気は,どちらかといえば賑やかな方ではありませんが,落ち着いた雰囲気の環境で仕事がしたいという人にはピッタリの職場です。落ち着いた雰囲気とはいっても,会話が全くないというわけではありません。疑問点をきけばみなさんしっかり教えてくださいますし,ミスをしたら注意してくださる先輩もいて,メリハリのある職場です。 ・入社して一番感動したこと 実際に自分が関わった仕事が本として形になって表れるところです。本屋に行って、自分が関わった本を見にいったりもしました。仕事はまだ分からないことも多いですが、毎日が充実しています。 ・後輩へひと言 最初は仕事を覚えられるか不安かもしれませんが、周りがしっかりサポートする環境ができているので安心してください。技術が身につけば、様々な仕事を任されるようになるので、やりがいのある仕事です。


カシワ

就活中に特にやりたいことがなく悩んでいましたが、なにか「ものづくり」に関わるような仕事をしたいと考えていました。その中で最初はデザインに興味があったのですが、経験も知識もまったくなく就職先が決まらずにいました。そのようなとき初心者でも良いと雇ってくださったのがこの会社だった、というのが入社した流れです。 ■現在の私の仕事 本の組版をしています。具体的には、ビジネス書・小説・参考書の組版、文字の訂正、文字入力などです。 ■成功・失敗談 失敗例として、自分で判断した結果、それがミスになってしまったということがよくありました。少しでもわからない場合は、すぐに質問をしたり報告することを心がけるよう反省しています。成功例は、自分から質問をしたり自主勉強や練習をしたおかげで、いろいろな分野の組版をさせていただけるようになったことです。ただ言われたことだけをするのではなく、自分で考えて行動することが大事なんだなと気付かされました。 ■わが社の雰囲気 若手の育成にとても力を入れています。基礎的な知識を丁寧に教えてくださる上司もたくさんいて、個人のスキルにあった仕事をさせてもらえます。また、意見や悩みを聞いてくれたり、体調を気づかってくれたりと優しい方たちばかりで、無理なく仕事に向き合うことができます。 ■入社して一番感動したこと 大学生時代にアルバイトをしていた本屋さんで、自分が手がけた本が棚に並べてあったのを初めて見たとき、とても嬉しくて感動しました。 ■後輩へ一言 本をつくるというのは正直に言って地味な仕事です。たくさんのルールを覚えて、細かい地道な作業をしなければならなかったり、クリエイティブな仕事ではありません。ですが、本の形になったときはやりがいを感じることができますし、本の良さや文字の奥深さ、そして大切さがわかってくると思います。